“まろん”とは、わたしのアダ名である

IMG_2667.JPG

名前とは、個人的にとても大きいものだと思っている。

たかが名前、って、思う人もきっといると思うんだけど、わたしは大事だな。

高校では、『まろん』と呼ばれていました。

勿論、後輩からは『まろん先輩』と。

……今聞くと、なんだかもうニューハーフにしか感じないやね。
危ないわー。

でも、わたしは『まろん』でした。

そして今も、高校の友達と会うときは『まろん』に戻ります。

その瞬間が、とっても必要。

IMG_2658.JPG

それからねぇ、恋人が出来ると、自分しかしたことがない呼び名を相手に着けたいです。

わたしだけのアダ名が欲しいです。

みんなと同じ呼び方をしなきゃいけないなんて、とんだ侮辱よ。

特別でなければ。

お互いにね。

IMG_2670.JPG

だから、『雨凛』という名前もわたしには大きな存在だ。

善いか悪いかは別として。

歌をうたうのはいつだって、雨凛さんなんだ。

今度UPするブログは、そんな大切な名前について書いたオリジナル曲を使おうと思っています。

どうか、『雨凛』を待っていてください(*^^*)



Speak Your Mind