映画ダンボを観ていたんだけど

image

これを作った人はさぁ…

気が狂っていたのかな?

普通の人には見えない世界が見えていたのかなぁ?

実際に“みたもの”を、そのまんま映画にしただけなんじゃなかろうか??

鬱々とした幻覚シーンのリアリティさから、ハッピーになってからのシーンの短さ。

ちょっとした日記のように感じる。

これをこのような形で書けるのは、羨ましいなぁ。

しかしダンボと母親の面会シーンは感動したなぁー!

肌と肌が触れ合うというのは、言葉や表情では表せない感情が詰まってる。

わたしも誰かに、触れたくなった。



Speak Your Mind