本物を観てきました

image舞台が終演し、客席が明るくなり、人々が笑顔で帰路につこうとする中…

わたしはナイフで喉元を突き刺した。

…ソレは幻覚だったけれど、息なんてものの仕方が分からなくて、立ち上がれる気すらしなかったなぁ。

『天使にラブソングを』

この映画は子供の頃から何回も観てるし、学生時代に皆でゴスペルを歌ったりもした。

とてもハッピーで楽しいお話だ。

だけど…

ミュージカルを観ている最中は、涙が止まらなかった。

話の内容なんて別にどうでもよかった。

ただただただただ…“歌”のパワーに涙を流さざるを得なかった。

圧倒的な歌の力。

表現だとか、歌唱力だとかで、片付くような感じじゃないと思うほど、無限のパワーを感じた。

全部英語だったから、歌詞の内容なんてほっとんどわからないはずなのに…歌い方、声の色、体の動き、顔の表情、そういうものでなんとなく内容がわかっちゃうんだもの。

凄過ぎる。

当たり前だけど初めて観た彼等のことは何も知らない。

仲間でもないし、性格もわからないし、どれだけの苦労をしているかも知らないし、むしろ名前すら知らないくらいから、彼等の背景を思い描くことは一切なかった。

要は本当に、純粋に、歌だけに、感動したんだ。

それがわたしにはとてつもなく大きな収穫だった。

『これが、歌で飯を食う ってことなのか』
と絶句した。

そして…

『わたし、音楽じゃなくて歌が好きなんだ』

と、素直にそれだけ想った。

これ以上の純粋な感動を、もう暫くは味わえないんだろうなぁ。

それくらい最高だったんだよ。

周りの観客はお上品な方が多くて、わたしみたいな阿呆っぽい金髪はいなかったけど…多分1番といっていいくらい、ヤられていたと思うなw

( T_T)\(^-^ )

歌うことが好きで歌いたいだけなら、カラオケに行けばそれでいいんだよね。

だけどやっぱり感動しちゃったから…雨凛もあぁやって、歌で人を感動させたいんだ。

聴いたら感じて動きたくなるような、歌をうたいたい。

雨凛には雨凛にしか出来ないことがきっとあると信じて。

ひとつひとつ、大事にステージを過ごしてゆこう。



image
人生の節目の雨凛の企画
♥︎ハニィの日♥︎

8月21日(金)
@恵比寿club aim
出演

madmantails
HIGHGINTONIC006
and more…

ねくすとらーいぶ
8月6日
渋谷GUILTY
チケット予約お気軽に☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
image

Speak Your Mind